パソコンで描く河津桜  山田みち子

パソコンで描く河津桜 電彩アート山田みち子

河津桜の歴史

オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配。
ソメイヨシノより桃色がやや濃く、開花が早い。
0955年2月に桜の苗を見つけた飯田勝美氏が
庭に移し変え、丹精込めて育てたのが始まり。

(1)参考写真 (2)下書きデッサン

参考写真

下書きデッサン


(3)彩色途中 (4)仕上げへ

彩色途中

仕上げへ

普通の桜より、約一ヶ月咲きに咲く河津桜。一歩先に人々の目と心を楽しませてくれます。

5枚の花びらとおしべ、めしべをじっくり観察して描きましょう。

2016 03 絵と文 山田みち子