No22

水仙が可憐に咲いていたので、棚田風景に水仙を入れようと急遽描き始めました。
前景左側に水仙を配置しました。


日本一の水仙の里は千葉の鋸南(きょなん)町だそうです。愛らしい日本水仙は江戸時代、
船で運ばれ、武家のお屋敷に飾られていたそうです。日本水仙は清楚な香りがしますね。



可憐な水仙ですが、毒があります。切った時は切り口にご注意を。
水仙の花言葉は「自尊心」「自己愛」などがありますが、
いい花言葉には、「尊敬」「もう一度愛を」などというのもあります。
別れた彼に贈るといいかもしれません。
でも毒にはお気をつけて!(笑)

今日、ちょっとだけいいことをすれば、必ず明日、いいことが起こるかも。

電彩アート主宰 山田みち子